• コインランドリー経営は投資と考えるのがベスト

    金融の世界で1990年代と現在を比べてみて最も違う点は預貯金ではお金が増えなくなっていることです。

    1990年代までは利息も10%の金融商品もありましたが、現在は「雀の涙」ほどしかありません。

    一流のコインランドリーの経営の最新情報をお伝えします。

    このような時代にお金を増やすには投資をすることが一つの考え方です。

    独自のシステムでYahoo!知恵袋の最新情報を見つけよう。

    預貯金と投資の違いは簡単です。

    「リスクがあるか、ないか」に尽きます。

    預貯金は完全にとは言いませんが、リスクはほとんどありません。それに対して投資はリスクが伴います。


    「リスク」とは、簡単に言ってしまうなら「お金が減ること」です。

    まかり間違えば「ゼロになること」さえあります。
    まさにリスクです。

    最近コインランドリーを経営する方が増えていると言われていますが、コインランドリー経営はまさしく投資です。
    コインランドリーを始めても「必ず利益で出る」ことはあり得ません。

    立地の問題とか店舗のきれいさとか、機械の能力などいろいろな要素が絡まりあって経営は行われます。
    普通、経営と言いますと「ヒト」「モノ」「カネ」という3つの要素をうまく動かして組織を活性化させることです。

    コインランドリーはこのうち「モノ」と「カネ」だけが必要です。

    「ヒト」はいらないわけですので、だから投資です。株式の売買などと同じ発想です。



    株式売買は「カネ」だけで勝ち負けが決まりますが、コインランドリーは「カネ」だけではありません。

    先に説明しましたように立地なども関係してきます。その意味で言いますと、株式売買と飲食店経営などとの中間といえます。

    これは、つまりリスクも中間ということになりますので初心者にはふさわしいとも言えます。